自分のログハウスを持ちたい

私は長年、自分のログハウスを持ちたい、という夢がありました。家族に内緒でコツコツとお金を貯めて、ログハウス メーカーに聞いてログハウスを買おうと目論んでいたのですが、ある日妻にログハウスのための貯金をしていることがバレてしまいました。私はてっきり妻に怒られるとばかり思っていたのですが、意外な事に妻は、私のワガママを許してくれたのです。その上、妻は私に、「あなたが定年退職したら、老後は二人でログハウスに住むのも悪くないわね。」と言いました。私は、ただでさえログハウスを買うことを許してくれた事にびっくりしていたのですが、更に驚くことに、それからというもの、妻は私と一緒にログハウスを買うお金を貯めるようになったのです。

今では老後の貯金も貯まり、後は私の定年退職を待つだけとなりました。もうすぐ定年を迎える私は、時間に余裕も出てきていたので、休日は妻と二人で、理想のログハウスを探す日々を送っていました。最近は二人の子供たちも私の夢に賛同してくれて、私のためにログハウスのカタログを持って来たりしてくれます。

こうして、最初は私一人の夢だったはずが、今や家族の夢になったことは、とても幸せなことだと思っています。妻との関係も良くなり、定年退職後の第二の人生も楽しめそうです。